ansible_badge

Ansible

最近のトレンドにのって、Vagrant & Chef で環境を作ったりしていたけど、
pythonをかじっているのもあって、
Ansibleをやっておかないわけにはいかんだろうと思い、始めてみた。

IT automation Framework

Ansibleは、
IT構成管理ツール、サーバプロビジョニングツールといったジャンルで、
複数のサーバを管理する作業を自動化するPython製の
Open-Source IT Automation Frameworkです。

シンプルさ、使いやすさを第一に開発が進められており、
セキュリティ、信頼性にも重きがおかれています。
設定ファイルなどはプログラミング言語に精通していない人にも
わかりやすい記述方式が採用されており、
システム監査にも有用とのこと。

エージェントレスのため、
管理対象のサーバサイドにミドルウェアをインストールする必要がなく、
気軽に始められます。

Getting Started

詳しくは、Installation – Ansible Documentationにありますが。

Install

Pythonのパッケージマネージャ pip が無い場合は、
予めインストールする必要があります。

$ sudo easy_install pip

pipでAnsibleをインストールします。

$ sudo easy_install pip

もし、Mac OSX Mavericks を使っている場合は、

$ sudo CFLAGS=-Qunused-arguments CPPFLAGS=-Qunused-arguments pip install ansible

インストールできたら、
リモートサーバに対してAnsibleを実行して
動作確認してみます。

管理対象のサーバを記述するファイルは inventory file といい、デフォルトでは

/etc/ansible/hosts

です。

管理対象サーバにSSHでログインできるようにしておくことが必要ですが、

192.168.1.50
aserver.example.org
bserver.example.org

といった記述で、IPアドレスやドメイン名で指定可能です。

では、
ansibleコマンドを使って対象サーバ上で”Hello Ansible”を出力して
動作確認します。
さくらVPSサーバに向けて実行してみました。

$ ansible all -a "echo Hello Ansible"
***.***.***.*** | success | rc=0 >>
Hello Ansible

成功です。
ということで、今回はこの辺りでおしまいです。

最近、個人的にGoogle Cloud Platformを利用した開発を進めているので、
次回からは、Google Compute Engine(GCE)を管理していこうと考えています。

このブログに関して不明点やご意見などはコメントをお願いします。
また、横浜のコワーキングスペース「タネマキ」での勉強会に
参加していますので、お気軽にお立ち寄りください。

タネマキGAE - connpass

Google App Engine, Google Compute Engine, Python, Golangなどの
もくもく勉強会です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>