ハンドル交換と「ちゃりんこ再生プロジェクト」

ハンドルの高さが気に入らなかったので、まるごと交換してみた。

パッと見ではよく分からないけど、
中古を買いあさって、安く済ませた割にはいい感じ。
それにしても、赤い自転車はお城がよく似合う。自画自賛w

LGS-TR1は、スレッドステムなのだけど、
シュレッドレスコンバーターというのを付けてアヘッドステムに変えた。
これでハンドルが低くなって、スポーティさが増したかな。
(あと、輪行袋にも入るようになったかも)

ハンドルバーテープを巻いてないので、手が痛い。
しかし、巻かない方がかっこいい気もして、迷走中。
フロント部分は以下のように。


あとは、ブレーキケーブルの長さを調整すればもっとスマートに仕上がるはず。


ん?視線を感じる。

お堀の白鳥さん

そんなこんなで、いつものことながら自転車のことばかり話していたら、
乗ってなくて錆び付いた自転車を復活させたいと言われたので、
「やりましょう、やりましょう」
ということで、
職場に一台、自転車がやってきた。

「ちゃりんこ再生プロジェクト」スタート

「もう乗らないんだけど、ひきとってくれない?」とか
和代ちゃんも乗ってるみたいだし、昔乗ってた自転車引っ張りだして始めてみようかなー」
って方がいらっしゃれば、相談にのります!

・・・うち、何屋さんなんだっけ?
乗らない自転車もったいないもんね。


ハンドル交換と「ちゃりんこ再生プロジェクト」」への2件のフィードバック

  1. 初めまして。
    私もTR-1に乗っているので、ブログ拝見させて頂いています。

    私の自転車もいじりたいなと思い、
    参考までにどのメーカーのシュレッドレスコンバーターを使用されているのか、
    またホイールをWH-R500に変えた際、取り付けはすんなり出来たのか、
    問題になったこととかあったら教えてもらいたいです。

  2. mocoさん、初めまして!読んでいただいてありがとうございます。

    シュレッドレスコンバーターのメーカーは
    たぶん日東さんのだったと思います。
    http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/stem.html
    あたりを参考にして、元のステムが外径「25.4mm」と刻印されているので、
    それに合ったのを買いました。
    装着時はグリスを忘れずに。

    ホイールは全く問題ありませんでしたよ。
    タイヤは「ビットリア RUBINO PRO TECH 2」を使っています。
    ホイールへのタイヤ装着(ビードをリムにはめる作業)に、結構コツが要りました。
    僕は30分くらい格闘してやっとできました。
    でも、
    イベントに参加した際にパンクして、スタッフが直してくれましたが、
    2分程度でチューブ交換してました。
    コツが分かれば、速いんですね。

    細いタイヤは見た目もいいし、巡航スピードも上がります。
    おすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>