androidのアプリに署名したい


すったもんだがあってアプリが完成して野良でとりあえずインストールしたいってメモ。

なにはともあれ

apkを作成します。
Eclipse上で [Android Tools] – [Export Unsigned Application Package] で保存

このまま adb install [apk名] とかすると
 Failure [INSTALL_PARSE_FAILED_NO_CERTIFICATES]
というエラーが見事に返ってくる。

つまり署名が必要なんだね


keyの作成

keytool -genkey -v -keyalg RSA -keystore [key名].keystore -alias [Alias]
を行うと下記が聞かれるのでその通りに答えるとKeystoreが完成
  • キーストアのパスワード
  • 姓名
  • 組織単位名
  • 組織名
  • 都市名or地域名
  • 州名or地方名
  • 国番号

key適用


jarsigner -keystore [key名].keystore -verbose [apk名] [key名]


ということで

adb install [apk名]
するとインストールされてくれます。
ファイルは /data/app に配置されます。

ちなみに

アンインストールは
adb uninstall [パッケージ名]
パッケージ名だから気をつけるように。

GAEでEclipseを使ってHelloWorldまで


ちょっとはまったので、書いておく。
参考にしたのは
【Java覚書】GAE for Java でHello World – hidecheckの日記

1.Eclipseに対応するプラグインのインストール

下記から対応するプラグインをインストールする。
Quick Start – Google Plugin for Eclipse – Google Code
Install New Software -> Work with でAddで追加。

2.プロジェクト作成

Web Application Project を新規作成する。
その際に Use Google Web Toolkit のチェックをはずす。
(何かは後で調べよう。)

ここでエラーが2件。

エラー1
JVMの指定がおかしいとかなんとか発生

[環境設定]
[Java] -> [Installed JREs]
にて JVM1.6を指定してOKする。
プロジェクトにJREが入るのでビルドが可能になる。

エラー2
@SuppressWarnings(“serial”)
にて 「Syntax error, annotations are only available if source level is 1.5」が発生

[環境設定]
[Java] -> [Compiler]
にて Compiler compliance level を 1.5 に設定する。

これ以降は

参考元のままでok

php の foreach で参照渡し


phpで配列を処理するときによく foreach を使うのですが、配列を回しながら配列内の値を変更したいときに for を使ってループさせながら値を更新していたのです。
そういえば「参照渡し」ってあるなぁと思って試してみたら foreach でもできるんですねー。

ということでサンプル

通常
$array = array(1, 2, 3);
foreach ($array as $v) {
	$v++;
}
print_r($array);

結果
Array ( [0] => 1 [1] => 2 [2] => 3 ) 


参照渡し
$array = array(1, 2, 3);
foreach ($array as &$v) {
	$v++;
}
print_r($array);

結果
Array ( [0] => 2 [1] => 3 [2] => 4 ) 


地味に便利なので

連想配列でも問題なくできます。
おためしあれ。

デザインを変更してみました!


割と長い間同じだったので、変えてみました。

おおもとのテンプレート

WPといったら数多く存在しているテンプレートですね。
大量にありすぎて探し始めると何時間も見てしまいます。
見るだけでお腹いっぱいになることもしばしば。
2カラムでシンプルで選びました。
dfBlog

比率?

黄金比というのをご存知でしょうか?
ビーナスの彫像がそれにあたるそうで、世の中の最も美しいとされている比率です。
近似値では 1:1.618 となります。
黄金比 – Wikipedia

これをサイトに組み込むのも多いそうです。

今回のサイトでは横幅は 940px です。
つまり、メインコンテンツとサイドバーサイズは
581 : 359
となります。
Webデザイン黄金比計算ツール

これだとコンテンツが小さくなりすぎてしまいますね。
そもそもサイドバーに置くものも大してありませんし。

じゃあどうするか

黄金比とは別に白銀比というものが存在します。
用紙サイズ(A3やA4など)や建物などに採用されている比にあたるそうです。
近似値では1:1.414です。
白銀比 – Wikipedia

同様に今回のサイトでは
664.7 : 275.3
となります。

これならいけそうですね。
ということで白銀比を採用しています。

元が英語のサイトなので、フォント選択周りの変更と、最近の投稿にサムネイル表示をさせたり、hのデザインを変えたりしています。
もっと色々といじっていこうと思います。

ではでは。

NexusOneが手に入った!(1.プランとimodeメール設定)


いろんなタイミングがよくてNexusOneが手元に届きました。
やっほい。

さて、まずすることはプランの変更です。
スマートフォン向けのサービスである「Bizホーダイ」に変更します。
ドコモショップで変えてきましたが、
こんなことになりました。

・moperaU(ライトプラン)の契約
・Bizホーダイを契約
・imodeメールが見たいのでimode.netへの加入

そこで注意されたのが、Bizホーダイのプランにしたので、今月は昔の携帯でパケット通信しないでということ。
なんでも、上限金額が ¥13,000 になってしまうそうです。通常は¥6,000程度。
了解ってことで、まずはWifiで色々設定をします。

とりあえずインストールしたのは

・Shimeji
・imoni
・乗換案内

imodeメールを見るためにimoniというソフトがあるんですが、まずはimode.netにログインしなければなりません。
imode.netはimodeメールをWebで見る事ができるサイトです。
ドコモショップで設定してもらったパスワードでログインしようとすると、「ワンタイムパスワード」が必要とのこと。
しかもこのワンタイムパスワードはimodeメールに送られてきます。
どないせーっちゅうねん。。。。

ってことでまたドコモショップに戻って聞いてみたところ、昔の携帯で受け取るしかないとのこと。。
をいをい。
しょうがないので、昔の携帯に接続してワンタイムパスワードを取得してログインしました。
4/1以降はBizホーダイはパケホーダイに統合されるのでこんなことはなくなるらしいです。
一度ログインするとあとはワンタイムパスワードがなくてもログインできるようになります。

さらに注意

imode.netにログインするとimodeメールに「ログインしました」というメールが送信されてしまいます。
これはimoniも例外ではなく、メールチェックを行うたびにメールが送信されます。(ちゃんとアプリの注意書きにあります)
当たり前ですが、imod.net側ではそのメールは見る事ができません。
定期的に携帯からアクセスしてメールを受信(サーバから削除)する必要があります。

これを怠ると、メール保持容量の10Mを超えてしまい、自動ログインができなくなるそうです。
めんどい。。。
ログイン確認メールなんていらないから、設定できるようにしてください、ドコモさん。

とりあえず。

次回はmoperaの接続について

NexusOneを買ったよ!


巷で話題の(?)NexusOneを買ってやりました。

Googleのネットから買うのですが、日本では残念ながら買えません。
配送先にも日本は指定できず、アメリカとか香港とかでしか買えません。

そんなおりに知り合いの知り合いが香港にいるとのこと。
ってことで、悩んだあげく今できるならと、購入を決意したわけです。

まずはネットにアクセスです。
Nexus One Phone

日本のままでは購入できないので、アメリカのVPNを通します。
ソフトをインストールして接続すればあら不思議購入可能です。
無償VPNサービス

で、文字の埋め込みとかを指定してうんにゃらかんにゃらすると購入が成功します。

さて、手元に届くのはいつなのか。

(追記
DHLで配送されるらしく、現在状況を追えました。
[blog]



めっちゃ、はやい。
土日とか関係なく仕事してくれますね。
ってことで、「香港には」3/15に届いたようです。

はやく我が手に!

万年筆を使ってみよう


最近まで6年前にもらった万年筆を使用していました。
付属していたカートリッジがなくなったので、万年筆を買いに行きました。

買った万年筆は LAMY Safari。
色に迷ったんですが、赤に決定。
太さはEF。極細です。

せっかくだからインクも買ってみようということで、
LAMY用のコンバータも購入。

インクは iroshizuku の霧雨に決定。
iroshizuku はいろんな色があって悩みましたが、
実際に色サンプルを見て決定。
最後まで 月夜 と迷いました。
インクを使い切ったらそっちにしようかな。

Safariを分解するとこんな感じ。
[blog]



インクとコンバータ。
コンバータは空の状態。
インクがステキ。
[blog]



インクをつめた!
端の赤い部分をクルクル回してインクを吸い込みます。
簡単で驚き。
[blog]



試し書きをしてみましたが、写真の色合いが悪い。。。
実に残念な感じ。。。
[blog]



これからはこいつが相棒です。
字が下手なのでお披露目することはありませんが。。

WimaxにTry(9割は経緯)


唐突ですが、現在WimaxにTry中です。

このWimaxTryというのは、Wimaxを機器とともにお試しで貸し出しをしてくれるというサービスです。
UQ WiMAX | Try WiMAX

高速無線LANでは他には e-mobile とか、willcomなんかが有名どころですが、
接続確認ができるというのはWimaxだけです。
確認ができてから契約できるのはありがたいことです。

というか、そもそもなぜTryをするにいたったかと言うと。。

(こっから長いです。)
#####理由説明開始
引っ越しをしまして、インターネットを契約しようとしたわけです。

元々、光マンションタイプがあるという話があったので、
割引が大量にあるカカクコムのWebからマンションタイプで申し込みをしたわけです。(9/18)

NTTからの電話バックを9/21に設定したけども、
一向に連絡がこない(9/24)

仕方ないので、こちらからプロバイダに連絡。
申し込みを確認してもらってNTT光部署に連絡。
すると、9/19に一回したとのこと。
フリーダイヤルから着信があったものの、出られなかったときでした。
9/21には連絡なし。
日付指定までしたのになんでやねん。
…それはおいといて。

1.光担当者とのやりとり
自分「で、工事お願いします。」
担当者「まだ、マンションタイプの工事が済んでいないようです。
    こちらから、物件所有者に営業をかけて工事をするので最短でも3週間はかかります。
    もしくは、光提供地域ではあるので一戸建てプランでも引けます。工事は必要ですが。」
自分「なんですってー。
   はやく繋ぎたいのでADSLにします。」
担当者「ではADSLの問い合わせ電話番号を言いますね。
    プロバイダから工事待ちの状態になっているので、ADSLに決めたらその旨を伝えてください。」

2.ADSLとのやりとり
自分「ADSLに申し込みたいんですが。」
担当者「ADSLよりも光のほうがいいですよ。早いですし。」
自分「(事情説明)」
担当者「一戸建てプランならできるんじゃないですか?
    ADSLでもプロバイダ+回線費で \7,000くらいかかりますよ。
    そちらで物件所有者様に問い合わせて頂いてー。」
自分「ADSLでも高いんですねー。
   光を引くなら光担当者にお願いするので。」

3.光担当者とのやりとり
自分「やっぱり、光一戸建てにします。」
担当者「分かりました。物件所有者様に工事許可を出してもらえるか聞いてみますね。」
…数分後
担当者「物件がマンションタイプの工事待ちだったようで、ここで一戸建ての工事をするのは変じゃない?
とのことで許可がもらえませんでした。」
自分「どれくらいの待ちですかね。」
担当者「4ヶ月くらいですかね。」
自分「…あー、ADSLしかないですね。」

#####理由説明終了

引っ越し前はマンションタイプの光で \4,000 程度だったので
ADSLで \7,000 はバカらしいなぁ。。。

ということで、高速無線LANに手を出したわけです。
自宅使用目的が大きいですが、月\4,500 だし、
持ち運べるなんていいじゃない。(予定はなし)
試用で特に切れることなく12Mほど出たので、問題ないかなぁと。

あとは、機器選定か。。。。

初めてのAutomator


Macには便利なアプリケーション作成アプリ「Automator」があります。

こいつは意外と便利なんですよ。
いろんなことを自動でやってくれます。

例えば、
「あるフォルダ内のすべての画像」を「プレビュー」アプリで開きたい。

意外と面倒なんです。
一枚だったらダブルクリックで開くんですが、複数枚を1度に開けない。

前までは、ターミナルでコマンド打ってました。

cd [あるフォルダ]
open -a preview *

で、それを自動化するアプリをAutomatorで作ってみます。

1.Automatorを起動。

アプリケーション の Automator.app を起動。
20090630183449



2.アプリ作成

2-1.ワークフロー作成
ウィンドウが出てると思うので、「カスタム」を選択。

2-1.フォルダ情報の取得

まず必要なのが、「Finderで現在選択しているフォルダの取得」です。
アクションの「ファイル/フォルダ」から「選択されたFinder項目を取得」を右枠にD&Dしてください。
20090630183450



この状態でFinderでフォルダを選択し、右上の「実行」をクリックすると、結果に選択したフォルダ名が表示されます。
20090630183451



2-2.フォルダ内容の取得

フォルダ内のファイル情報を取得しなければなりません。
アクションの「ファイル/フォルダ」から「フォルダの内容を取得」を右枠にD&Dしてください。
20090630183452



2-1 と同様に実行をクリックすると、選択したフォルダのファイル名が表示されているはずです。

2-3.プレビューに渡す

2-2で取得したファイル郡を「プレビュー」アプリに渡します。
アクションの「写真」から「プレビューでイメージを開く」を右枠にD&Dしてください。
20090630183453



これで完成です。
フォルダを選択して、右上の「実行」をクリックすると、プレビューに一覧として画像が渡されています。

3.アプリとして保存

このままではわざわざAutomatorを起動しないと使えないので、アプリとして保存します。
※ワークフローでも構いませんが、今回はアプリで。
[ファイル] – [保存] を選択し、下記情報で保存します。
 名称:適当に(ここではShowPreviewとします。)
 場所:どこでも(ここではアプリケーションとします。)
 フォーマット:アプリケーション
20090630183454



4.起動

アプリケーションのフォルダにある状態だと、ダブルクリックで起動した場合にFinderが移ってしまいます。
なので、Dockに保存してください。
ShowpreviewをDockにD&Dすれば入ります。
20090630183455



適当に画像のあるフォルダを選択し、Dockのアイコンをクリックすれば、プレビューに画像が渡っているはずです。

QSなら「フォルダ選択」→「QSからShowpreview起動」でOKです。

おつかれさまでした。

かなり簡単なことをやらせましたが、色々できるので試してみてください。

こんなすごいことができます。

「特定フォルダの画像を任意のフォルダにコピーし、50%に縮小して、ファイル名をすべて「img + 日付」の形式にする。Automator の使い方@AllAbout

Automatorで高度な画像フィルターを利用して、その便利さに気付くザリガニが見ていた…。


アクションに条件分岐がほしいですねぇ・・・

はてなの使い道。


大昔に登録したはてな。

昔はDiaryとかアンテナとかを活用していましたが、現在はほってました。
そういえば、画像(fotolife)がなにやらいろいろとできるらしいので、使ってみることに。

そのうち、すべての記事がはてな管轄になる(はず)。
なんかGoogleMapと連携できるみたいね。
おもしろげ。