デザインを変更してみました!


割と長い間同じだったので、変えてみました。

おおもとのテンプレート

WPといったら数多く存在しているテンプレートですね。
大量にありすぎて探し始めると何時間も見てしまいます。
見るだけでお腹いっぱいになることもしばしば。
2カラムでシンプルで選びました。
dfBlog

比率?

黄金比というのをご存知でしょうか?
ビーナスの彫像がそれにあたるそうで、世の中の最も美しいとされている比率です。
近似値では 1:1.618 となります。
黄金比 – Wikipedia

これをサイトに組み込むのも多いそうです。

今回のサイトでは横幅は 940px です。
つまり、メインコンテンツとサイドバーサイズは
581 : 359
となります。
Webデザイン黄金比計算ツール

これだとコンテンツが小さくなりすぎてしまいますね。
そもそもサイドバーに置くものも大してありませんし。

じゃあどうするか

黄金比とは別に白銀比というものが存在します。
用紙サイズ(A3やA4など)や建物などに採用されている比にあたるそうです。
近似値では1:1.414です。
白銀比 – Wikipedia

同様に今回のサイトでは
664.7 : 275.3
となります。

これならいけそうですね。
ということで白銀比を採用しています。

元が英語のサイトなので、フォント選択周りの変更と、最近の投稿にサムネイル表示をさせたり、hのデザインを変えたりしています。
もっと色々といじっていこうと思います。

ではでは。

万年筆を使ってみよう


最近まで6年前にもらった万年筆を使用していました。
付属していたカートリッジがなくなったので、万年筆を買いに行きました。

買った万年筆は LAMY Safari。
色に迷ったんですが、赤に決定。
太さはEF。極細です。

せっかくだからインクも買ってみようということで、
LAMY用のコンバータも購入。

インクは iroshizuku の霧雨に決定。
iroshizuku はいろんな色があって悩みましたが、
実際に色サンプルを見て決定。
最後まで 月夜 と迷いました。
インクを使い切ったらそっちにしようかな。

Safariを分解するとこんな感じ。
[blog]



インクとコンバータ。
コンバータは空の状態。
インクがステキ。
[blog]



インクをつめた!
端の赤い部分をクルクル回してインクを吸い込みます。
簡単で驚き。
[blog]



試し書きをしてみましたが、写真の色合いが悪い。。。
実に残念な感じ。。。
[blog]



これからはこいつが相棒です。
字が下手なのでお披露目することはありませんが。。

WimaxにTry(9割は経緯)


唐突ですが、現在WimaxにTry中です。

このWimaxTryというのは、Wimaxを機器とともにお試しで貸し出しをしてくれるというサービスです。
UQ WiMAX | Try WiMAX

高速無線LANでは他には e-mobile とか、willcomなんかが有名どころですが、
接続確認ができるというのはWimaxだけです。
確認ができてから契約できるのはありがたいことです。

というか、そもそもなぜTryをするにいたったかと言うと。。

(こっから長いです。)
#####理由説明開始
引っ越しをしまして、インターネットを契約しようとしたわけです。

元々、光マンションタイプがあるという話があったので、
割引が大量にあるカカクコムのWebからマンションタイプで申し込みをしたわけです。(9/18)

NTTからの電話バックを9/21に設定したけども、
一向に連絡がこない(9/24)

仕方ないので、こちらからプロバイダに連絡。
申し込みを確認してもらってNTT光部署に連絡。
すると、9/19に一回したとのこと。
フリーダイヤルから着信があったものの、出られなかったときでした。
9/21には連絡なし。
日付指定までしたのになんでやねん。
…それはおいといて。

1.光担当者とのやりとり
自分「で、工事お願いします。」
担当者「まだ、マンションタイプの工事が済んでいないようです。
    こちらから、物件所有者に営業をかけて工事をするので最短でも3週間はかかります。
    もしくは、光提供地域ではあるので一戸建てプランでも引けます。工事は必要ですが。」
自分「なんですってー。
   はやく繋ぎたいのでADSLにします。」
担当者「ではADSLの問い合わせ電話番号を言いますね。
    プロバイダから工事待ちの状態になっているので、ADSLに決めたらその旨を伝えてください。」

2.ADSLとのやりとり
自分「ADSLに申し込みたいんですが。」
担当者「ADSLよりも光のほうがいいですよ。早いですし。」
自分「(事情説明)」
担当者「一戸建てプランならできるんじゃないですか?
    ADSLでもプロバイダ+回線費で \7,000くらいかかりますよ。
    そちらで物件所有者様に問い合わせて頂いてー。」
自分「ADSLでも高いんですねー。
   光を引くなら光担当者にお願いするので。」

3.光担当者とのやりとり
自分「やっぱり、光一戸建てにします。」
担当者「分かりました。物件所有者様に工事許可を出してもらえるか聞いてみますね。」
…数分後
担当者「物件がマンションタイプの工事待ちだったようで、ここで一戸建ての工事をするのは変じゃない?
とのことで許可がもらえませんでした。」
自分「どれくらいの待ちですかね。」
担当者「4ヶ月くらいですかね。」
自分「…あー、ADSLしかないですね。」

#####理由説明終了

引っ越し前はマンションタイプの光で \4,000 程度だったので
ADSLで \7,000 はバカらしいなぁ。。。

ということで、高速無線LANに手を出したわけです。
自宅使用目的が大きいですが、月\4,500 だし、
持ち運べるなんていいじゃない。(予定はなし)
試用で特に切れることなく12Mほど出たので、問題ないかなぁと。

あとは、機器選定か。。。。

初めてのAutomator


Macには便利なアプリケーション作成アプリ「Automator」があります。

こいつは意外と便利なんですよ。
いろんなことを自動でやってくれます。

例えば、
「あるフォルダ内のすべての画像」を「プレビュー」アプリで開きたい。

意外と面倒なんです。
一枚だったらダブルクリックで開くんですが、複数枚を1度に開けない。

前までは、ターミナルでコマンド打ってました。

cd [あるフォルダ]
open -a preview *

で、それを自動化するアプリをAutomatorで作ってみます。

1.Automatorを起動。

アプリケーション の Automator.app を起動。
20090630183449



2.アプリ作成

2-1.ワークフロー作成
ウィンドウが出てると思うので、「カスタム」を選択。

2-1.フォルダ情報の取得

まず必要なのが、「Finderで現在選択しているフォルダの取得」です。
アクションの「ファイル/フォルダ」から「選択されたFinder項目を取得」を右枠にD&Dしてください。
20090630183450



この状態でFinderでフォルダを選択し、右上の「実行」をクリックすると、結果に選択したフォルダ名が表示されます。
20090630183451



2-2.フォルダ内容の取得

フォルダ内のファイル情報を取得しなければなりません。
アクションの「ファイル/フォルダ」から「フォルダの内容を取得」を右枠にD&Dしてください。
20090630183452



2-1 と同様に実行をクリックすると、選択したフォルダのファイル名が表示されているはずです。

2-3.プレビューに渡す

2-2で取得したファイル郡を「プレビュー」アプリに渡します。
アクションの「写真」から「プレビューでイメージを開く」を右枠にD&Dしてください。
20090630183453



これで完成です。
フォルダを選択して、右上の「実行」をクリックすると、プレビューに一覧として画像が渡されています。

3.アプリとして保存

このままではわざわざAutomatorを起動しないと使えないので、アプリとして保存します。
※ワークフローでも構いませんが、今回はアプリで。
[ファイル] – [保存] を選択し、下記情報で保存します。
 名称:適当に(ここではShowPreviewとします。)
 場所:どこでも(ここではアプリケーションとします。)
 フォーマット:アプリケーション
20090630183454



4.起動

アプリケーションのフォルダにある状態だと、ダブルクリックで起動した場合にFinderが移ってしまいます。
なので、Dockに保存してください。
ShowpreviewをDockにD&Dすれば入ります。
20090630183455



適当に画像のあるフォルダを選択し、Dockのアイコンをクリックすれば、プレビューに画像が渡っているはずです。

QSなら「フォルダ選択」→「QSからShowpreview起動」でOKです。

おつかれさまでした。

かなり簡単なことをやらせましたが、色々できるので試してみてください。

こんなすごいことができます。

「特定フォルダの画像を任意のフォルダにコピーし、50%に縮小して、ファイル名をすべて「img + 日付」の形式にする。Automator の使い方@AllAbout

Automatorで高度な画像フィルターを利用して、その便利さに気付くザリガニが見ていた…。


アクションに条件分岐がほしいですねぇ・・・

はてなの使い道。


大昔に登録したはてな。

昔はDiaryとかアンテナとかを活用していましたが、現在はほってました。
そういえば、画像(fotolife)がなにやらいろいろとできるらしいので、使ってみることに。

そのうち、すべての記事がはてな管轄になる(はず)。
なんかGoogleMapと連携できるみたいね。
おもしろげ。

Macでupdatedbをしたいじゃないか。


わりと有名な話のようですが、最近知ったので備忘録!

Linux使ってるとめちゃお世話になるコマンド 「locate」。
【 locate 】 ファイルを高速に検索する@ITpro
これがないと。。。
というくらいに使えます。
Find だとつらいです。

Macでターミナルいじいじしてたら、locate があることに気づきました。
さすが、さすがですよ。
って思ってITproさんの説明にあるように

データベースはスーパーユーザー権限でupdatedbコマンドを実行して作成する。 


updatedb をしようとしたら、ない!
コマンド自体がない!

ってことで検索したところ。

updatedb が command not found になるので,あれーと思いつつ方々探しまわった結果,/usr/libexec/locate.updatedb にあった.そうか,BSD だということを忘れてたよ…
updatedb@TrashSUITE


Linuxとは違いますよね。
BSD。。
慣れねば。

たくさんの色に囲まれたい。


途方もない色数の色鉛筆です。

500色て。
子供のころに持っていたら、友達に自慢しますね。
持ち歩けないでしょうけど。。

コンテンツ「色図鑑」とかですべての色を確認できますが、これが普通の色ではないんです。
たとえば
 「アーサー王の剣の湖」
とか
 「クレオパトラの真珠」
とか。

コンテンツには「500色の使い方」というのがあって、使い方が紹介されてます。
塗るだけじゃない。
いい使い方。

スクリーンセーバーのDLもできるようです。
色がだだ流れするようです。

素敵すぎます。
500色。
ほしいかも。。

FELISSIMO 500色の色えんぴつ

あけましておめでとうございます。(おそい)


もう15日とかになってますね。

あけました!!

さて、昨年もいろいろありました。
いろんな方にお世話になっています。

今年の目標というか、やりたいこと。

1.新しい言語を勉強する。
なんか作ることを目標に。
Pythonとか気になるかな。
Flashもやりたいかな。

2.確認。
いろいろと、確認を忘れない。

3.自転車に乗る。
最近・・・乗ってないなぁ・・・・

4.Macを触る。
なんだかんだ言ってもWindowsが欠かせないのでどうにか使える場所を探して。
1とかをやればいいかな。

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

画像引用
Tokyo, Japan


写真もとりたりなぁー。

VMWareFusion試用


さて、MacとWindowsの共存で最初に思いついたのはやっぱり仮想環境です。

Macで有名どころだと
・Parallels
・VMWare
・VirtualBox
というところでしょうか。

ほかにもOSインストールがいらない
CrossOver Mac
なんてのもあります。

で、とりあえずVMWareFusionを試用。
選んだ理由は
 Windowsで使ったことあるから。
これだけ。

インストールはとても簡単。
ソフトもWindowsも両方とも簡単。
簡単インストールで最初に設定しておけば新規ユーザ作成やらプロダクトキー入力まで自動でやってくれます。
なんて便利!!

起動してみればさくさく動くので最高です。

そして便利機能のユニティモード。
仮想環境にインストールしているソフトをMacで動いているかのように動かすことができます。
Excelとかが ”まるで” Macにインストールされているかのように動かすことができる訳です。

しかも、Mac上での標準起動ソフトに割りあたるようでダブルクリックをすると立ち上がるようになります。
例:エクセルファイルをダブルクリックするとユニティモードのExcellが立ち上がる

が、しかし問題が。
VMWareが起動していなくても標準起動ソフトに割あたっているわけです。
不用意にダブルクリックしようものならVMWareが起動します。
・・・

次はParallelsかなぁ。
せっかくParallels4.0が出てるのに試用は3.0だなんて。
んーむ。
んーみ。

macでgimp2.6


とりあえず、MacでGimpを使えるようにする備忘録。

Gimp2.6をインストールして起動すると日本語がまったくでません。
こいつは困った。

そこでの対応策を。

アプリケーション – Gimp
をWindowsでいう右クリックメニューを表示
「パッケージの内容を表示」 を選択。

開いたFinderから Contents – Resources – etc – gtk-2.0 に移動
「gtkrc」をエディタで開く

 gtk-font-name = “Lucida Grande 10″

 gtk-font-name = “Osaka”
に変更保存。

同様に上で開いているFinderで
Contents – Resources – share – gimp – 2.0 – themes – Default に移動
「gtkrc」をエディタで開く

style “custom-font”
{
font_name = “Osaka”
}

class “GtkWidget” style “custom-font”

を書き込む。

起動すればメニューバーに日本語が表示されているはず。

文字が小さいっていう人は font-scale をいじると大きくなります。

しかし、問題が。
「テキスト入力で日本語が入力できない」

テキストエディタで入力しておいた日本語をコピペすればできますが。。
んーむ。