Excelでシートの更新セルを分かりやすく


EXCELでシートを更新したセルがどれだか分からなくなることないですか?
分かっているけど、膨大な量があるとか。

そんな状態を打破できるテクニックを備忘録的に。


使用するのは、「名前定義」、「条件付き書式」、「ちょっと関数」です。


まずは、大元のシート。
テスト的にこんな感じ。
1_start



1.シートコピー
大元のシートをコピーします。
シート名はなんでもいいです。ここでは「before_Sheet1」とします。
2_copy



2.値変更
Sheet1 の編集をします。
値変更はいつでもいいですが、今回はここで。




3.名前定義
コピーしたシート「before_Sheet1」に名前定義をします。
一番左上(1の上、Aの左)をクリックすると、全選択になります。
その状態で、その上の□をクリックすると文字が入力できます。(画像で「before」と書かれている部分)
そこに好きな名前を定義してください。(今回は「before」にしています。)




4.条件付き書式
Sheet1に戻って、条件付き書式を設定します。
変更を示したいセルを選択して、[書式] – [条件付き書式]をクリックするとフォームが出ます。
画像のように設定してください。
“3.名前定義” で「before」とは違う名前を定義した人は 「=INDEX(before,ROW(),COLUMN())」 のbefore を変えてください。
今回は変更してあるセルを「黄色に染める」という書式にしてあります。お好みで。
5_where



5.そうすると
画像のように変更した部分のセルが黄色に染まっていると思います。
もちろん、設定したあとで変更しても変わります。
6_result




まぁわかりやすい。と主婦の間でもきっと流行です。

昔のシートが見えるのが嫌だって人はシートを非表示にしちゃってください。
すっきりするはずです。